ソフトバンクエアーの罠、解約金を払わずに解約する方法は非常に難解だった。解約手順や注意点を解説します。

スポンサーリンク
ケータイ
スポンサーリンク

「コンセント差すだけでインターネットが使える」と気軽さが売りのSoftBankAirですが、契約内容がのようになっており、解除料をかけずに解約するのは少し難解になっています。解約金をかけずに解約する方法、解約手順を解説しますので、既に契約済みで解約日を決める参考に、また、今から契約を検討している方の今後の検討材料に最後にはお得情報も記載しています。最後まで確認ください。

twitterでも情報発信しています。フォローをお願いします!

スポンサーリンク

解約時にかかるかもしれない費用

  • 契約解除料:10,450円
  • 端末残債:59,400円の残債分(購入の場合)
  • 端末返送料:約1,000円前後(レンタル)
  • 破損賠償金:最大17,600円(レンタル)
  • オプション違約金:最大12,100円(加入の場合)

契約解除料

ソフトバンクエアーは、24ヶ月の契約期間があります。24ヶ月目が契約の更新月となり、その月中に解約すると違約金は不要です。更新月以外に解約をすると、10,450円の解約違約金を支払う必要があります。

24ヶ月ごとの自動更新のため、24ヶ月目を逃すと次は48ヶ月目まで解除料がかかります

本体代金の残債

多くの場合は、本体代金実質無料です。というセールストークで端末購入をして契約しているのではないかと思います。実質無料というのは、本体代金59,400円を36ヶ月契約で利用料から徐々に毎月割り引いて実質無料となる契約の為、36ヶ月未満ですと、端末残債がかかります。※36ヶ月以外の選択肢もありますが、月月割(1,650円×36ヶ月)と合わせるために知らないうちに36ヶ月契約を勧められていることがほとんどです。

レンタル契約という選択肢もありますが、利用料が月額539円高くなるので、この契約方法を選んでいる方は少ないケースと思います。

本体代金の残債とは、この月月割が契約終了で利用料から割り引けなくなる分を払ってね。ということです。

端末返送料

レンタル契約の場合は、本体を返送する必要があるため、配送事業者に指定はないものの、ユニット返却の送料がどの業者を使ってもおおよそ約1,000円前後発生します。※購入の場合は発生しません。

破損賠償金

こちらもレンタルの場合のみかかる費用で、きれいに使っていれば、かかることはありませんが、破損がある場合は、使っている機器に応じて賠償金がかかります。

オプション違約金

Yahoo! BB基本サービス(プレミアム)とバリューパックには違約金が発生します。契約解除料と同じく24ヶ月更新のため、同時期に解除料不要となります。Yahoo! BB基本サービス(プレミアム)はスタンダードプランに加入もしくはオプション未加入であれば解約金は必要ありませんが、多くの場合は、店頭スタッフのうまい話(高額キャッシュバックの条件、Tポイント増量やヤフオク手数料減額、バックアップ無制限など)に乗せられて契約していることが多いです。

バリューパックとはタブレットとオプション7つがセットになったオプションで、2017年3月31日に受付終了しているので2017年4月以降契約の方は気にしなくて大丈夫です。

解約金をかけずに解約する方法

契約解除料は24ヶ月毎、端末残債がなくなるのは36ヶ月目ということなので、解除料をかけずに解約するには48ヶ月目以降24ヶ月毎ということになります。詳細は以下の表をご確認ください。

※オプション解除料はいったん除外しています。

契約解除料のかからない24ヶ月目でも端末残債が19,800円もかかります。

特例として、SoftBank光へ変更する場合は契約解除料をかけずに端末残債も払わず契約変更をすることができます。※NTTフレッツエリアでないと申し込めませんので、事前に確認が必要です。

契約解除が24ヶ月周期で、端末代完済が36ヶ月とはなかなか手の込んだ罠を仕掛けてきますね。。。

解約方法

解約受付は、SoftBankAirサポートセンターへ電話をするだけです。「0800-1111-820」連絡の場合は、この際に返送について説明があります。(受付時間:10:00~19:00)

非常に混雑しやすい番号ですので、10:00になってすぐかけることをおススメします

解除料を払っても得する方法

できるだけ解除料金は払いたくないと思いますが

  • 通信速度に満足できない
  • 購入危機が壊れた
  • 引っ越しで電波が入らなくなった

などいろんな理由で48ヶ月目までに解約をせざるを得ない環境になった場合は、できる限り端末残債のかからなくなる36ヶ月目以降もしくは解除料のかからない24ヶ月目を解約日に選択するようにしましょう。※使えないものに使用料を払うほうがもったいないので見切りも大事です。

インターネット契約は、その他ルーター(WiMAXなど)や光回線で加入時のキャッシュバックが2万~3万というものはざらにあります。また、乗り換えの解除料金を負担してくれる会社も存在ますので、解約料以上のキャッシュバックがもらえれば損はしないと思います。不満な状態を長く続けず、早めの判断をするようにしましょう。ルーターについての解説はこちら

auひかりでは他社から乗り換えで最大3万円の解除料負担をしてくれる「auひかりスタートサポート」というものがあります

タイトルとURLをコピーしました