楽天モバイルのiPhone取り扱い開始によって変わること。iPhone6s以降が動作保証、回線切り替え問題に公式解答あり!

スポンサーリンク
楽天モバイル
スポンサーリンク

ついに楽天モバイルのiPhone取り扱い開始。発表後すぐに記載した記事の時点では明らかとなっていなかった、取り扱い開始によって変わることがいくつか判明しましたので、解説していきたいと思います。発表後すぐに書いたこちらの記事も併せてご確認ください。

twitterでも情報発信しています。フォローをお願いします

スポンサーリンク

iPhone取り扱い機種おさらい

  • iPhone12 mini
  • iPhone12
  • iPhone12 Pro
  • iPhone12 ProMAX
  • iPhoneSE(第2世代)

iPhone以外にもAirTag、AirPods Pro、MagSafe、MagSafe対応ケースなども一緒に取り扱い開始となります。※iPadの取り扱いはまだ発表されていません。

動作保証対象機種

元々楽天はiPhoneは「動作確認」のみで、「動作保証」はしてきませんでした。※お持ちのiPhoneが動作確認済製品であったとしても、当社の動作保証対象外になります。というスタンスでしたが、HP上では正式に動作保証対象とする旨が記載されています。※2021年4月26日現在:この文言はまだ記載されたままになっています。

iOS14.4以降かつキャリア設定ファイルと呼ばれるファイルをダウンロードする、この両方をもって動作保証の対象となります。
ご提供開始のタイミングについては改めてホームページなどでご案内いたします。

OSバージョンのアップデートとキャリア設定ファイルのダウンロードが完了した場合、以下の製品がRakuten Linkの動作保証対象となります。

・iPhone 12 Pro Max
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12 mini
・iPhone 12
・iPhone SE (第2世代)
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11 Pro Max
・iPhone 11
・iPhone XR
・iPhone XS
・iPhone XS MAX
・iPhone X
・iPhone 8
・iPhone 8 Plus
・iPhone 7
・iPhone 7 Plus
・iPhone SE (第1世代)
・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus

引用:楽天公式HP

APN設定は自動でできるようになる

今までは、APN設定を手動でする必要がありましたが、動作保証対象となることで、自動設定されて引き渡しされるようです。中古でご自身で用意した、もしくは中古ショップで購入したものについては、APN構成プロファイルの削除→APN設定が必要ですので、あくまで、楽天で購入した場合は必要がない。ということですので、お間違いなく。

APNについてはこちらの記事で詳しくご確認ください。

パートナー回線の判別が可能になる

楽天は、楽天回線と、パートナー回線(auの電波)が使えるようになっていますが、iPhoneでは現在どちらの回線を使用しているか、ということが正式には判別することができませんでした。

5GB消費で低速になってしまうのに、サービスエリアマップか、データ容量消費有無で確認してくれって、すごいリスクでしたよね。

今後は、2021年7月にmy楽天モバイルアプリで確認できるようになると発表がありました。楽天の公式回答は以下の通り。

iOS製品で楽天モバイルをご利用のお客様は、サービスエリアマップをご確認いただくか、高速データ容量の消費の有無でパートナー回線へ接続されているかご確認いただけます。

【ご注意】
・楽天回線エリアであっても、地下、屋内、大きな商業ビルの屋内等の場所、製品の設定、電波の状況等によってパートナー提供のネットワークを利用するローミング通信となる場合があります。
・ローミング通信になると、パートナー回線エリアの高速データ容量が消費されますのでご注意ください。

ご不便をおかけしますが、2021年7月までにmy 楽天モバイルアプリでも確認出来るよう対応予定でございます。

引用:楽天公式HP

楽天回線とパートナー回線の自動切り替えはiPhone12のみ

iPhoneの取り扱い開始前より問題になっている、パートナー回線から楽天回線へ自動で戻らない(パートナー回線データを消費し続ける)問題については、iPhone12シリーズのみは解決したようですが、その他動作保証対象機種でも切り替えはできないままのようです。

iOS 14.4がインストールされ、キャリア設定が最新にアップデートされたiPhoneのモデル(iPhone 12 Pro、 iPhone 12 Pro Max、iPhone 12、iPhone 12 miniを除く)では、楽天回線エリアとパートナー回線エリアのネットワークエリア の間で自動的に切り替えることはできません。

引用:楽天公式HP

iPhone12シリーズ以外利用には課題あり

今回の記事では、iPhone取り扱いで変わることや新たに判明したことをいくつか記載いたしました。iPhone12シリーズではほぼ不便なく使えるようになってきていますが、その他機種はパートナー回線の切り替えができない為、もう少し課題ありですね。

とはいえ、「RakutenLInkで通話料無料」や、「1GB未満利用料金0円」というのは非常に魅力的です。サブ回線としてであれば、すぐにでもはじめても問題ないと思います。

迷っている方は、手続きも簡単なeSIMを使ってサブ回線で利用してみましょう!

3ヶ月無料キャンペーンをほぼ4ヶ月無料にする裏技も解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。→こちら

タイトルとURLをコピーしました