楽天ひかりの評判はどうなの?ホントに1年無料!?楽天モバイルを持ったら契約するべきか、メリット・デメリットを徹底解説

スポンサーリンク
インターネット
スポンサーリンク

楽天モバイルを契約した、もしくは契約を検討している方なら楽天ひかりってどうなの?と気になっている方も多いと思います。そもそも楽天ひかりはどのようなサービスか、メリット・デメリット踏まえて徹底解説していきます。

スポンサーリンク

楽天ひかりとは

楽天ひかりはNTT東西に光回線を借り受けて事業者が運営する光コラボ(コラボ光)の一種で、NTTフレッツ回線が引ける戸建て・マンションなら引くことができますので、非常にエリアの広い全国区のサービスです。

光コラボは現在提供事業者が500社以上存在し、600万以上契約されている光インターネットの主要契約形態となっています。

楽天ひかり料金

ファミリープラン(戸建て)5,380円、マンションプラン(集合住宅)4,180円でプロバイダ込みの料金となっており、一般的な光コラボの料金設定と大きな違いはありませんが、楽天モバイルとセットで1年無料というキャンペーンを行っています。※楽天モバイルセットでなくても1年間2,200円OFF

楽天ひかりのメリット

楽天モバイルユーザーなら1年無料

楽天モバイルとセットで申し込みをすると、キャンペーンが適用され、1年利用料が無料になります。キャンペーン適用条件は以下の2点

  • 楽天モバイル(Rakuten UN-LIMITⅥ)を契約している
  • 楽天ひかり契約翌月15日までに楽天モバイルを新規申し込みをする

※Rakuten UN-LIMITⅥ既存契約で、楽天ひかりの申し込みだけでも可

条件を満たせば、自動的に割引され、戸建てなら63,360円、マンションなら50,160円お得になります。

楽天モバイルと楽天ひかりの楽天IDが同一でないといけませんので注意

楽天モバイルの契約がない方でもキャンペーンで2,200円割引を1年間(26,400円)受けることができます。※Rakuten UN-LIMITⅥプラン以外の楽天モバイルユーザーも同様

他の光コラボでよくあるキャッシュバックはなく、楽天ひかりのキャンペーンは月額料金の割引のみです

SPU対象

楽天サービスのSPU(スーパーポイントアップ)の対象サービスとなっており、楽天ひかり契約で楽天市場でのお買い物が+1%のポイントアップになります。

「楽天での買い物が多い」、「SPUでポイントを貯めている」という方にはお得なサービスです

SPU(スーパーポイントアッププログラム) | 楽天ひかり (rakuten.co.jp)

IPv6対応で安定した速度が出やすい

IPv6とは新しい通信方式のことで、従来型のものよりも人口密集地やピークタイムでの混雑による速度低下が起きにくく、通信が安定するといわれています。

IPv6対応ルーター

IPv6の通信方式の恩恵を受けるには、IPv6(クロスパス)ルーターが必要です。対応ルーターは楽天公式HPにてご確認ください。→こちら

3,000円台から購入可能です。→IPv6対応ルーター

楽天ひかりのデメリット

工事費

他の光コラボや光回線事業者では3年かけて工事費実質無料(工事費はかかるがその同額を利用料割引)や完全に工事費無料提供などが多くある中、楽天ひかりは工事費が無料ではありません

既に契約しているフレッツ光から変更(転用)やコラボ光からの変更(事業者変更)の場合は、工事費はかかりません。

マンションで光配線が敷設済みまたは、LAN配線引き込み済みの場合は2,200円とお財布に優しい工事費となっています。

2021年5月現在、NTT西日本管轄ではシステム改修により5月8日~20日まで工事が止まっていた影響で工事日程調整に遅延が起きています。詳しくはこちら

初期費用

これは楽天ひかりに限ったことではないので、デメリットというほどではないですが、登録手数料のようなものが必ず発生します。

  • 新設:880円
  • 転用or事業者変更:1,980円

3,300円かかる事業者も多いので初期費用は良心的な設定です。

ケータイセット割引がない

メリットでご説明をした、キャンペーンのセット割引きが終わって以降はケータイセットの料金メリットは何もありません。

docomo、au、SoftBankは光とケータイのセット割引を実施していますので、ここは差分となりますが、1年無料(1年割引)で十分お得である上に、そもそもケータイ料金も安いため、これ以上の割引はできないんでしょうね。

ahamo、POVO、LINEMOも光セット割は実施していませんから、その点は同等か料金で見ると楽天優位かもしれません。

速度が遅いという評判あり

「みんなのネット回線速度」という速度調査サイトでは50社中42位(2021年5月現在)平均DL速度190Mbpsと決して光回線としては早いとは言えない速度が報告されています。

楽天ひかりの通信速度レポート(67816件)

平均Ping値: 30.82ms 

平均ダウンロード速度: 190.51Mbps

平均アップロード速度: 162.91Mbps

楽天ひかりは光回線速度ランキングで50番中42位の速度です。

楽天ひかりの速度測定結果(実測値) | 下り速度・上り速度の平均値を公開中! | みんなのネット回線速度(みんそく) (minsoku.net)

自宅の環境や、利用しているルーターにもよるため、一概には言えませんが、速度については不満な方が多いようです。

おススメユーザー

  • 楽天モバイルを使っている
  • SPUでポイントを貯めている(楽天市場をよく使う)
  • 月額料金を抑えたい(キャッシュバックより月額料金優先)

上記に当てはまる方は、楽天ひかりがおススメです。デメリットもいくつか書きましたが、速度以外はそこまで気にするほどのデメリットはなさそうです。

インターネット回線にとって速度は重要なポイントですが、筆者個人的にはネットゲームや動画配信を行う方など大容量通信を頻繁に行う方でなく、一般的なネット利用であれば、実感するほど気にはならいなかと思います。※筆者個人的にはネットサーフィン、Youtube閲覧、ZOOM会議など100Mbpsあれば全く気にりません。速度重視の方にはあまりおススメできません。

全体的にプロバイダとして速度は出にくいようですが、速度が気になる方は、IPv6対応ルーターは必須で用意した方がよさそうです。

Rakuten:IPv6対応ルーター
タイトルとURLをコピーしました