楽天モバイルがiPhone12、iPhoneSE2を発売!回線切り替え問題は解決したのか?

スポンサーリンク
楽天モバイル
スポンサーリンク
楽天モバイルからiPhone 12シリーズがまもなく登場 | 楽天モバイル (rakuten.co.jp)

楽天モバイルがついにiPhoneを取り扱うと発表しました。これまで使えるけれども保証はしません。というスタンスだったのが、正式に取り扱い開始となって、どのように変わるのか、発表内容の整理と利用について不安な点についても解説いたします。

twitterでも情報発信しています。フォローをお願いします。

スポンサーリンク

発表内容まとめ

4月30日からiPhone12、iPhoneSE(第2世代)を取り扱うと発表。先日発表されたばかりの新色のパープルも取り扱うようです。

本体価格

iPhone12/64GBで101,176円、主要3キャリアと比較して最安と発表。1回払い、24回払い、48回払い(楽天カード払いのみ)となっている。

確かに、各キャリアの料金よりも安く設定はされているが、端末返却で残債を免除するプログラムは提供しておらず、通常の分割払いのみ。端末を長く使い、機種変更後も手元に置いておきたい方にとっては単純に最安、定期的に買い替えし、端末返却の残債プログラムを使いたい方は、主要3社(docomo、au、SoftBank)の方が圧倒的に安くなります。

端末返却ナシならApple公式、端末返却アリなら主要3社の契約がお得です。あえて楽天で買うメリットはそこまでないかなと思います。

キャンペーン

iPhone発売記念キャンペーンとして、新規で始めてRakuten UN-LIMITⅥに申し込むと5,000ポイント(手持ちのiPhoneでもOK)、同時のiPhone購入すると更に15,000ポイント、最大で20,000ポイントのプレゼントキャンペーンを実施する。

既存の楽天mobileユーザーに特典はないため、楽天で機種変更するくらいであれば、Apple公式でSIMフリーを購入する方がお安くなります。(Apple公式 iPhone12/64GB:94,380円)

対応機種

iPhone取り扱い開始に伴って、正式に対応機種をiPhone6s以降、iOS14.4以上と発表されました。SIMロックがかかっている機種の場合は、SIMロック解除の手続きはお忘れなく。

SIMロック解除について詳しくはこちら

懸念点

楽天はこれまでもiPhoneを動作確認端末としていたが、動作確認はしていても、「使用については自己責任で」というスタンスでした。正式に対応機種についても発表はされましたが、現在もHP上には※お持ちのiPhoneが動作確認済製品であったとしても、当社の動作保証対象外になります。と記載はされたままになっており、iPhoneを取り扱うからと言って、動作に関しては責任を持たないというスタンスは変わらないのではないかと思います。

Apple製品については通信キャリアが販売代理店であり、その事実は主要3社も変わりありません。楽天についてはそれだけでなく、パートナー回線との電波の切り替えが発生しますので、少しニュアンスが変わってきます。

パートナー回線切り替え問題

楽天は2021年3月時点で人口カバー率80%と、驚異的なスピードで基地局建設はしているものの、パートナー(au)回線を借りなくては主要都市以外ではまだまだつながらない場所が多くあります。

そこで気になるのが回線切り替えです。現状iPhoneを使う場合、楽天→パートナー回線は問題なく切り替わりますが、パートナー回線→楽天がうまく切り替わらず、機内モードのON⇔OFFや電源のON⇔OFFの必要がありました。パートナー回線では5GBを超えると低速(1Gbps)になるため、この仕様が改善されていなければ、楽天mobileでのiPhone利用は二の足を踏んでしまいますね。

パートナーエリアのローミングは随時終了して言っており、終了エリアでは気にしなくて済みますが、その分エリア不安は残ります。

回線切り替えについて楽天の公式発表はこちら

パートナー回線終了エリアの確認はこちら

パートナー回線から楽天エリアに戻っても自動で切り替わらないのは大問題ですね。

eSIMとeKYC

楽天に限った話ではありませんが、iPhoneXR以降のeSIM対応機種であれば、eKYC(オンライン本人確認システム)を利用して手続きすると、オンラインですべての手続きを完結し、手続き後5分程度で開通することができます。設定方法についてはYoutubeに設定方法動画が公開されており、見ながら実施をすれば問題なく完了すると思います。

eSIMについての詳しい記事はこちら

楽天のiPhoneは買いか?

筆者はあえて楽天でiPhoneを買うメリットは感じませんでした。今まで、動作確認のみだったiPhoneが正式に使えるようになったというだけで、特にそれ以外のメリットは感じません。強いてメリット挙げるなら、手持ちのiPhoneを使って申し込んでも5,000ポイントのキャンペーン対象になることくらいです。中古が気にならない方は、安く中古で買って、5,000ポイントをもらう方法がおススメです。

中古iPhoneが安く買えるサイトはこちら

低価格で高品質!iPhone専門の販売WEB店舗【ハピネスネット】

Rakuten UN-LIMITⅥが破格の安さであることは間違いありませんが、パートナー回線との切り替えについては改善について言及されておらず不安が残るため、もう少し待ちの姿勢でいいのではないかと思います。

回線切り替えに関する情報が得られたら追記していきますので、ぜひtwitterフォロー、購読フォローをしてお待ちくださいm(_ _)m

Rakuten UN-LIMITⅥの3ヶ月無料をほぼ4ヶ月無料にする裏技はこちら

タイトルとURLをコピーしました