iPhoneの「Appにトラッキングしないように要求」・「許可」とポップアップが出るのはどっちにすればいい?トラッキングとはそもそも何なのか、拒否するとどうなるかについて解説します

スポンサーリンク
Apple
スポンサーリンク

最近、新しいアプリを開くとよく「●●が他社のAppやWEBサイトを横断してあなたのアクティビティの追跡をすることを許可しますか?」と出てくると思います。これが何なのかについて、解説してきます。

スポンサーリンク

トラッキングとは何なのか?

「トラッキング」とはズバリ「追跡する」ことで、「Cookie(クッキー)」を代表とされる技術を使って、あなたのログを追跡するということです。

トラッキングとは、追跡、追尾という意味の英単語。ITの分野では、人の行動やシステムの挙動、データの推移などの情報を継続的に収集、監視することなどを指すことが多い。

トラッキングとは – IT用語辞典 e-Words

なぜ最近になってポップアップが出るようになったのか

Appleが4月26日に発表をしたiOS14.5への更新(Appleの発表内容詳しくはこちら)でアプリのユーザー追跡をして広告を表示させるには許可を必須とする規制を行ったことから、ポップアップ表示がされるようになりました。

それより以前は基本的には許可された状態となっており、設定自体は以前から変えることができましたが、ポップアップで聞くようになったのが、今回のiOSのアップデート内容となっています。

何のためにトラッキングするのか?

アプリが広告表示をする際、ターゲティング広告というそのユーザーに適した広告を表示する為に、何に関心がある人なのかを見極めるためにトラッキング(追跡)をします。

今までは聞かれていなかっただけで、ずっと意識せず許可していたものなので、神経質になる必要はないかと思います。

「追跡していいですか?」と聞かれると反射的に拒否を押してしまいますね

設定は後から変えられるのか?

  • 「設定」アプリを開く
  • 「プライバシー」を開く
  • 「トラッキング」を開く
  • 「Appからのトラッキング要求を許可」

上記の流れで設定することが可能です。個別に1つずつ設定もできますし、一括設定することも可能です。

「許可」「拒否」どちらにすればいいのか?

元々は気にすることなく、許可されていたものですし、「拒否」をしたからと言って、広告表示がされなくなるわけではなく、自分に全く興味のない広告が表示されるようになるだけです

結論、筆者としては拒否にするメリットは特になく、アプリに興味のない広告表示をされ続けるのであれば、少しでも興味のあるものを表示される方がいいのではと思います。

Appleのユーザーのプライバシーを強化するという方針で、今回のアップデートとなりましたが、広告主側は効率的な広告配信がし難くなり、無料でアプリが提供しにくくなって、回り回ってユーザーが不便になるということも考えられます。

悪意のあるデベロッパがあなたの行動履歴をよからぬことに使わないとも限りませんから、どうしても気になる方は、「拒否」してしまってもいいと思います。

最終的には個人の判断で決めましょう!

こぶへい

通信業界20年の現職会社員です。
現役ケータイキャリア社員が業界ニュースやお得情報を解説しています。
誰にでも当てはまる情報がたくさんあると思いますので、ぜひチェックしてみてください。
更新内容はtwitterでもあげていますので、フォローをお願いします!

こぶへいをフォローする
AppleiPhoneケータイ
スポンサーリンク
こぶへいをフォローする
モバトクナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました