iOS14.5でできるようになることを、初心者でもわかるよう簡単に説明します

スポンサーリンク
iPhone
スポンサーリンク
Newsroom – Apple (日本)

Appleが現地時間4月26日にiOS14.5をリリースしました。小難しいことや細かすぎるバグ修正などは置いといて、初心者でもわかるように簡単に解説します。

最初の3つ以降は細かい機能追加なので、特に解説もなく、参考としてApple発表そのまま載せています。今回の目玉は、FaceID・AirTag(探すアプリ拡張)とプライバシーの強化3点かなと個人的には思っています。それ以外は、さらっと流し読み頂いて構いません。

スポンサーリンク

AppleWatchと連携してマスクを着けたままFaceIDが利用可能に

AppleWatchSeries3以降と連携をし、iPhoneX以降のFaceIDのロック解除が行えるようになりました。watchOSは7.4以上である必要あり。

正確には、マスクしてFaceIDでのロック解除ができる。ではなく、FaceIDとの機能連携で、顔認証しなくてもロック解除ができるため、フルフェイスのヘルメットをかぶっていようがお構いなしでロック解除可能です。

これは便利ですが、AppleWatch連携ではなく、iPhoneだけで解除ができるか?!と予想されていたので、残念に思われた方も多いでしょうね。

探すアプリの機能拡充(AirTag)

これまで「探す」アプリはiPhone、iPad、Macなどに限られていましたが、紛失防止の位置情報取得機能が付いた忘れ物トラッカーAirTagとAppleに認証を受けたサードパーティ製品を「探す」ことができるようになりました。

AirTagはこちらから音を鳴らしたり、Tagへ連絡先を埋め込んで、「紛失モード」にすると見つけてもらった人に連絡先を知らせる機能も付いている。

小型のため、どこかに仕込まれて位置情報を探られないか心配の方もいると思うが、ペアリングされているiPhoneから離れると音が鳴ったり、ペアリングされていないAirTagを検知すると無効化する方法を教えてくれたり、その他にもセキュリティ対策はふんだんに盛り込まれている。詳しく記載した記事はこちら

AirTag:3,800円(税込み)4/30発売

プライバシーの強化

Apple公式

Appのトラッキングの透明性により、広告やデータブローカーと共有する目的で他社のAppおよびWebサイトを横断してアクティビティがトラッキングされる場合、どのAppに対してトラッキングを許可するかを選択可能

すごく難しく書いてますが、アプリとかWEB閲覧の追跡を許可するかどうか選択できるようになります。ということで大まかには間違いないです。詳しい解説はこちら

筆者のiPhoneスクリーンショット

上のスクリーンショットのような画面最近出てこないですか?

追跡って聞くと少し構えてしまいますが、cookie(クッキー)って聞いたことありますよね。これのことです。「許可」したところで今までと変わりありません。「Appにトラッキングしないように要求」とすると、ご自信の嗜好と全く関係のない広告表示がされるようになったりします。

絵文字

女性同士のカップル絵文字やひげの生えた女性、肌色の違うカップルなど人種やジェンダーに関する多様性に対応することに重点を置いたアップデートになっています。

その他、通常の通常の「キス顔種類追加」「スマイリーの種類追加」「ヘッドフォンのAirPos化」など細かなアップデートも行われています。

Siri

AirPodsまたはBeatsヘッドフォンを使用しているときにSiriが着信者の名前を読み上げて着信通知し、ハンズフリー通話可能に。

また、Siriに頼んでメッセージグループへFacetimeを開始したりなど細かなアップデートも行われています。

AppleMusic

  • お気に入りの歌詞を“メッセージ”やFacebook、Instagramのストーリーズで共有したり、サブスクリプションの登録者は“メッセージ”のチャット内で歌詞のスニペットを再生することが可能
  • 世界の100を超える各都市で人気のあるミュージックを紹介する都市別ランキング

Poscast

  • Podcastの番組のページを、より簡単に視聴できるように再設計
  • エピソードを保存およびダウンロードするオプションにより、自動的にエピソードをライブラリに追加して、素早くアクセスすることが可能
  • ダウンロードの動作および通知の設定は、番組ごとにカスタマイズ可能
  • 新しい番組を見つけるときに役立つ“検索”のランキングと人気のカテゴリ

5Gの改善

  • デュアルSIMへの対応により、iPhone 12モデルでモバイルデータ通信の回線を利用する際に5Gでの接続が可能
  • スマート・データ・モードの改善により、5Gネットワーク向けに利用環境が最適化されることで、iPhone 12モデルでのバッテリー駆動時間を延ばし、データ使用量を削減
  • iPhone 12モデルでサポートされている通信事業者の5G国際ローミングを利用可能

マップ

Siriに頼むか、または画面下部の経路カードをタップしてから“到着予定を共有”をタップすることで、車での移動に加えて、自転車や徒歩での到着予定時刻を共有可能

リマインダー

  • タイトル、優先順位、期限、または作成日でリマインダーの並べ替えが可能
  • リマインダーリストをプリントするオプションを追加

翻訳

再生ボタンを長押しして、翻訳の再生速度を調整可能

ゲーム関連

XboxシリーズX | SワイヤレスコントローラーまたはSony PS5 DualSense™ワイヤレスコントローラーに対応

CarPlay

新しいSiriまたはキーボードコントロールを搭載したCarPlayを使用して、運転中にAppleマップで到着予定時刻を簡単に共有可能

マスクをつけてのロック解除は残念でしたが、AirTagは忘れ物や無くし物の多い筆者取っては非常には活躍しそうです。購入して使ってみたいと思います。

アップデート対象はiOS14以降の機種ですので、iPhone6s以降の機種となります

こぶへい

通信業界20年の現職会社員です。
現役ケータイキャリア社員が業界ニュースやお得情報を解説しています。
誰にでも当てはまる情報がたくさんあると思いますので、ぜひチェックしてみてください。
更新内容はtwitterでもあげていますので、フォローをお願いします!

こぶへいをフォローする
iPhoneケータイ
スポンサーリンク
こぶへいをフォローする
モバトクナビ
タイトルとURLをコピーしました