ahamo(アハモ),POVO(ポヴォ),LINEMO(ラインモ)徹底比較!迷っている方は検討の参考に

スポンサーリンク
ケータイプラン
スポンサーリンク

2021年3月提供開始されるオンライン専用20GBプラン

同じように見えて少しずつ違うポイント、変えるべき人、変えてはいけない人を解説

SoftBankへの乗り換えなら【ケータイ乗り換え.com】
スポンサーリンク

共通内容

  • データ通信料:20GB/月
  • データ超過後:1Mbps
  • テザリング:利用可能
  • キャリアメール:利用不可
  • 加入・転出手数料:すべて無料
  • 通話料:20円/30秒 ※ahamoのみ5分通話無料が外せない
  • 留守番電話:利用不可
  • 事前予約で3,000Pプレゼント

キャリアごとのメリット・デメリット

ahamo (docomo) アハモ

  • 通話5分無料が外せない
  • すでに家族割加入の場合家族割カウント
  • 国際ローミング(82ヶ国)無料
  • 継続利用期間が引き継がれる

Good:家族割引カウント適用はありがたい。海外旅行・出張が多い人にもおススメ

Bad:通話5分がセットになっているので通話しない人には少し割高感、キャリア決済も使えない×

POVO (au) ポヴォ

  • 家族割カウント対象(21年夏まで)
  • トッピングでカスタマイズ可能(データ24時間使い放題200円/日など)
  • キャリア決済(auかんたん決済)が使える
  • アップグレードプログラム利用可

GOOD:トッピング(特にデータ24時間使い放題200円/日)はお得!アップグレードプログラム利用可能なので、最新端末への買い替えが安くできる点もGood!

Bad:利用期間引き継ぎがなくなるとステージ制に影響あり×

LINEMO (Softbank) ラインモ

  • LINEの通信カウントフリー
  • LINEスタンプ使い放題
  • 手続きがLINEでもできる
  • 家族割引カウント対象外

Good:LINEを多用する人にはLINEMO一択

Bad:家族割カウントなし、キャリア決済なし、LINE以外他社に勝る点が見つらない×

どんな人におススメ?

  • 動画やアプリを使うけど、20GBくらいで収まる(自分で管理できる)
  • フリーメールをメインに使っており、キャリアメールを必要としない
  • 契約内容を把握していて自分でWEB手続きが完了できる
  • 単身で家族割引を利用していない(または夫婦のみ)

POVOとLINEMOはeSIMにも対応しており、SIM発送を待つ必要がなかったり、物理SIMと合わせて通信契約が2社同時に契約出来るというメリットもあります。eSIMはうまく活用すれば節約にもなります。(こちらは別の記事で詳しく解説しています。)→eSIMについて

まとめ

既存プランはネット使い放題で家族割を3人~4人、インターネットセットで約4,500円前後が主流です。このパターンと比較すると1,500~1,800円くらい節約になりますが、我慢すべきポイントは多くあります。

①キャリアメールが使えない②POVO以外キャリア決済が使えない③手続きが不安でもWEBで完結しなくてはいけない。④通信料は自分で管理。これを見て『それくらい??』と思った方は変える検討をしてみてもいいかもしれません。少しでも「ん~」と思ったかたは、現行のプランも少し値下げしていますので、どうすれば安くなるかショップへ聞きに行ってみましょう。2~3年プランを変えていなければ、プラン変更だけでも安くなるかもしれません。

個人的にはショップは混雑していてゆっくり聞けないので、家電量販店や併売店で目当てのキャリアスタッフがいるところへ平日に聞きに行くのがおススメです。

最後に…プラン開始日

ahamo:3/26~ POVO:3/23~ LINEMO:3/17~

事前エントリーで各社3,000Pもらえるので検討されている方は事前エントリーをお忘れなく

こぶへい

通信業界20年の現職会社員です。
現役ケータイキャリア社員が業界ニュースやお得情報を解説しています。
誰にでも当てはまる情報がたくさんあると思いますので、ぜひチェックしてみてください。
更新内容はtwitterでもあげていますので、フォローをお願いします!

こぶへいをフォローする
ケータイプラン比較
スポンサーリンク
こぶへいをフォローする
モバトクナビ
タイトルとURLをコピーしました