モバイルルーターは結局どう選ぶ?2021年WiMAX・ポケットWiFi・ホームルーターおススメ徹底比較!

スポンサーリンク
ルーター
スポンサーリンク

WiMAX・ポケットWiFi・ホームルーターなどメリット・デメリットを徹底改正します。

SoftBank Airはコンセントに差すだけで簡単開通
スポンサーリンク

そもそもルーターって何?

「モバイルルーター」や「WiFiルーター」とは簡単に言うとWiFiの電波を発生押させる機器のことで、一般的に「ポケットWiFi」と呼ばれるものはY!モバイル(旧Eモバイル)のことなんですが、モバイルルータのことを総称として「ポケットWiFi」と呼ぶ人が多いですね。アミノ酸うま味調味料のことを「味の素」と呼ぶのと同じ感じですね。そんな話はいいとして、大きく分けて持ち運べるものを「モバイルルーター」、自宅でインターネット回線の代わりに使うものを「ホームルーター」と呼びます。持ち運びができない代わりにモバイルルーターより数百円安いのが一般的。

モバイルルーターのメリット・デメリット

メリット

  • 自宅以外の場所でも電波が届けばどこでも利用可能
  • 一般的に無制限のものがほとんど※一部利用制限あり
  • 工事なしでWiFi環境を作ることができる
  • 複数回線を同時に接続できる

デメリット

  • ケータイと同様の電波のため通信が安定しないことがある
  • 一部利用制限がある
  • 機種のスペックに通信環境が左右される

気軽にどこでもWiFiの電波を発生させることができるのが最大のメリットですが、ケータイの電波をキャッチしてWiFiとして飛ばすため、光回線と比べると不安定なことがあります。お仕事やオンラインゲームなど絶対にネットが切れては困る!という方は光回線と比較という意味では物足りないかもしれません。外出先での一時的な利用やケータイの補完的に使うのがおススメです。

主要ルーター比較

ルーターは近年クラウドSIM系(物理SIMを入れなくても使える)のルーター会社が増え、数十社あるため、比較が難しいですが、一般的によく契約されているルーター3社を比較しました。その他大手キャリアにもルーターがありますが、比較的割高のため、比較対象からは外しています。

電波はほぼ大手キャリアの電波を使うなど人口カバー率100%近くになっていますので、比較するにしても違いはあまりありません。そうなるとポイントは3点、①通信速度②通信制限③月額料金

①通信速度 クラウドSIM系のサービスはたくさんありますが、大手キャリアの電波を借りるため、概ね最大150MBpsがほとんどです

②通信制限 3日で10GBが基準値となっており、クラウドSIM系の中には使い放題のものもあります。

③月額料金 3,500円~4,000円くらいがほとんどで、大手キャリアはほぼ4,000円を超えます。SoftBankAirも4,000円を超えます。

結論

通信速度重視で安定したWiFiを望む方はWiMAX!とにかく速度や品質を気にせず、安く使いたいならクラウド系WiFiサービス!二択です!

WiMAXおススメポイント

  • 動画視聴・オンラインゲーム・テレワークでも概ね耐えられる通信速度
  • 3日10GB制限も18時~2時のみ
  • 制限がかかっても1Mbpsで利用できる(ネットやメールなら十分)
  • 持ち運びでも利用できる

クラウド系WiFiおススメポイント

  • とにかく安いものが多い
  • 中には使い放題のものもある
  • 契約の縛りなしもある
  • 海外で使えるものもある

クラウド系WiFiは会社が多く、比較が難しいです。利用用途に合わせるのがいいですが、迷うのであれば、WiMAXを契約すれば間違いないです!

結論:ルーター選びで迷ったらWiMAXが外れなくおススメです!

ずっと月額3,150円で利用可能な国内外用クラウドWi-Fi

NEC Aterm モバイルルーター MP02LN SW メタリックシルバー PA-MP02LN-SW

価格:11,000円
(2021/3/22 22:32時点)
感想(7件)

タイトルとURLをコピーしました